に投稿

「PRESIOSA(プレシオサ)」の光と魅力

※中央の青色が「チェコ」

PRECIOSA(プレシオサ)は、チェコで最も有名なクリスタル・ガラス製造会社です。

チェコは中央ヨーロッパにあり、ドイツ、オーストリア、ポーランドなどに囲まれた共和制国家です。
正式名称は「チェコ共和国」、日本での通称は「チェコ」です。


チェコの伝統産業の1つに「ボヘミアガラス」があります。
ボヘミアガラスは470年以上の古い歴史を持ち、優れたカット技術によって高い評価を受けてきました。

1687年に登場したボヘミアクリスタルのシャンデリアは、1725年にヴェルサイユ宮殿を飾り、1754年にはマリアテレジアの戴冠式を優雅に照らしています。

そのボヘミアガラスの伝統を受け継ぐ、チェコの一流メーカーが「PRECIOSA」です。

PRECIOSA(プレシオサ)の由来は「貴重な、まれな、上品な」という意味をもつラテン語の「precious」。

1948年にヤブロネツなどの25の大小の企業と工場が、PRECIOSAの正式名称で国営企業として統合。1956年には、ガラスとジュエリーの研究所が設立されています。

PRECIOSA(プレシオサ)のガラス・ストーンは滑らかな美しさ。

プレシオサでは、クリスタル・ストーン、ビーズ、シャンデリア・パーツ、ジュエリーなど様々なアイテムを製造しています。

プレシオサのカット技術は世界的に高く評価されており、その輝きは滑らかな美しさ。人によっては「落ち着いた輝き」「深い色」と表現する方もいます。

プレシオサの輝きは、独自の加工・カット技術によるものであり、他の有名ガラスメーカーにも負けません。

たとえば、世界的な高級ガラスメーカー「スワロフスキー」と比較しても、プレシオサの輝きは色あせることなく、独自の美しい光を放ちます。

例えるなら、スワロフスキーの輝きは「細かいキラキラ」、プレシオサの輝きは「なめらかなキラキラ」。
どちらも美しいガラス・ストーンです。

左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ

主な特徴として、スワロフスキーは「キラキラ」が強く、プレシオサは「キラキラ」が落ち着いています。

そのため、落ち着いた印象のキラキラを表現したいときは「プレシオサ」がしっくりくるような気がします。

LIBRARTでは最適なガラス・ストーンを使い分け。

今回ご紹介したプレシオサ以外にも、ガラス・ストーンはたくさんあります。
そして、ガラス・ストーンの数だけ、品質・サイズ・カラーなども様々です。

当店では、作品ごとにふさわしい素材を選んで制作しています。

プレシオサ、その他ガラス・ストーンの個性的な輝きを、お手に取って楽しんでいただければ幸いです♪

(著者:HoriYu/ホリユウ)

カテゴリー【ハンドメイド】の記事一覧にもどる

に投稿

本日は「猫の日」並びに当店の開業日♪

本日は2月22日で「猫の日」です。

猫の鳴き声「ニャン」にちなんで、「2月22日(ニャンニャンニャン)」で猫の日と呼ばれています。

ちなみに、犬の日は「11月1日(ワンワンワン)」です☆

そして本日は、当店「LIBRART(リブラート)」の開業日でもあります。

ブランドの活動は2020年11月からスタートしていますが、当店の正式な開業日は2月22日となっております。

2021年2月22日は「猫の日」「大安」「一粒万倍日」ということで、とって縁起が良い日です♪

また、222とゾロ目で覚えやすいことも、魅力の1つ。

そんな特別な日のブログには、当店の看板(猫)娘・マリちゃんの「アンモニャイト」で盛大にお祝いをしたいと思います☆

アンモニャイト・・・それは、猫が丸くなる姿が化石の「アンモナイト」に似ていることから呼ばれるようになった、猫用語(?)です。

アンモニャイト姿の猫はカワイイですよね。猫の体が柔らかいからできる態勢なんでしょうね。

インターネットで「アンモニャイト」と検索すると、たくさんのカワイイ猫ちゃん画像がヒットします。

きっと、飼い主さんが「うちの子のアンモニャイト、可愛いなぁ」と思いながら撮影したのではないでしょうか?

本日は2月22日で「猫の日」そして当店の開業日。

世界中の猫が幸せになることを祈りつつ、よりよい作品づくりを目指して邁進して参りたいと思います♪

(著者:HoriYu/ホリユウ)

>カテゴリー【動物・ペット】の記事一覧にもどる

に投稿

猫とデコとハンドメイド。

我が家の猫・マリちゃん(♀)です。

マリちゃんは、2019年の12月に我が家にお迎えしました。

ちょうど同じ年に、前の飼い猫・ルウくんを亡くして、命日から49日過ぎた頃にマリちゃんと出会いました。

何年も前に飼い主のおじいさんが亡くなって、空き家に1匹で暮らしていたマリちゃん。

おじいさんと交流のあった優しい方が、ずっとお世話をしてくれていました。

私はマリちゃんの話を聞いて、ルウくんの49日が過ぎたことをきっかけに、会ってみたいと思いました。

マリちゃんと出会ったときの印象は「大きい子だなぁ」「人懐っこい子だなぁ」「元気そうだなぁ」・・・。

そして、マリちゃんのお世話をしている方の承諾を得て、空き家の中をみると・・・

そこには、犬や猫の絵や写真がたくさん飾ってありました。

きっと、動物が大好きな方だったのでしょう。

私は自宅に帰り、数日後、マリちゃんを我が家にお迎えしました。


我が家にきて、1年2ヶ月を迎えるマリちゃん。

話によると、マリちゃんの年齢は10歳以上とのこと。

そんな彼女の性格は「戦闘タイプの大和なでしこ」です。(笑)


私は今までたくさんの猫を飼ってきましたが、どの子も大切な存在です。

そして、今はマリちゃんとの時間を大切にしたいと考えています。

私がハンドメイドでオリジナル・スマホケースを制作しようと決めたとき、

自分が持ちたいと思えるもの、お客さんに喜んでもらえるもの・・・と考えました。

その結果、「うちの子・スマホケース」が誕生しました。

大切な子と飼い主様の絆がより深まりますよう、心をこめて制作しています。

(著者:HoriYu/ホリユウ)

>うちの子・スマホケースの商品ページはこちら

>カテゴリー【動物・ペット】の記事一覧にもどる

に投稿

【LIBRART】お楽しみブログ☆

こちらのページでは、気軽に楽しめる記事を公開しています。
以下から、お好きなジャンルをお選びください。


【ハンドメイド】の記事はこちら
【動物・ペット】の記事はこちら
【健康・美容・癒し】の記事はこちら
【日記】の記事はこちら