「PRESIOSA(プレシオサ)」の光と魅力

※中央の青色が「チェコ」

PRECIOSA(プレシオサ)は、チェコで最も有名なクリスタル・ガラス製造会社です。

チェコは中央ヨーロッパにあり、ドイツ、オーストリア、ポーランドなどに囲まれた共和制国家です。
正式名称は「チェコ共和国」、日本での通称は「チェコ」です。


チェコの伝統産業の1つに「ボヘミアガラス」があります。
ボヘミアガラスは470年以上の古い歴史を持ち、優れたカット技術によって高い評価を受けてきました。

1687年に登場したボヘミアクリスタルのシャンデリアは、1725年にヴェルサイユ宮殿を飾り、1754年にはマリアテレジアの戴冠式を優雅に照らしています。

そのボヘミアガラスの伝統を受け継ぐ、チェコの一流メーカーが「PRECIOSA」です。

PRECIOSA(プレシオサ)の由来は「貴重な、まれな、上品な」という意味をもつラテン語の「precious」。

1948年にヤブロネツなどの25の大小の企業と工場が、PRECIOSAの正式名称で国営企業として統合。1956年には、ガラスとジュエリーの研究所が設立されています。

PRECIOSA(プレシオサ)のガラス・ストーンは滑らかな美しさ。

プレシオサでは、クリスタル・ストーン、ビーズ、シャンデリア・パーツ、ジュエリーなど様々なアイテムを製造しています。

プレシオサのカット技術は世界的に高く評価されており、その輝きは滑らかな美しさ。人によっては「落ち着いた輝き」「深い色」と表現する方もいます。

プレシオサの輝きは、独自の加工・カット技術によるものであり、他の有名ガラスメーカーにも負けません。

たとえば、世界的な高級ガラスメーカー「スワロフスキー」と比較しても、プレシオサの輝きは色あせることなく、独自の美しい光を放ちます。

例えるなら、スワロフスキーの輝きは「細かいキラキラ」、プレシオサの輝きは「なめらかなキラキラ」。
どちらも美しいガラス・ストーンです。

左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ
左:スワロフスキー 右:プレシオサ

主な特徴として、スワロフスキーは「キラキラ」が強く、プレシオサは「キラキラ」が落ち着いています。

そのため、落ち着いた印象のキラキラを表現したいときは「プレシオサ」がしっくりくるような気がします。

プレシオサとスワロフスキー、それぞれに良さがあり。

プレシオサとスワロフスキーはそれぞれ美しく、宝飾するための素材として申し分ありません。
ですが、スワロフスキー・クリスタルは、スワロフスキー社の方針によって2021年夏ごろから個人のハンドメイド作品には使用(または表記)できなくなるそうです。

とても残念なことですが、スワロフスキーの美しさにも負けず、扱いやすさはスワロフスキー以上かもしれないプレシオサがあれば、理想の作品をつくることは可能だと思います。

これからは、チェコの伝統をつむぐプレシオサ社のガラス・ストーンをメインに、デコ作品を制作していきたいと考えています☆

(著者:HoriYu/ホリユウ)